忍者ブログ

思いの丈を綴る

アニメや漫画、ゲーム等の感想やらを吐き出すためのブログ。2.5次元の話もします。

「刀剣乱舞-本丸博-」レポ




本丸博大阪初日、行ってきました!
レポ書きます。


①歓迎の間

事前情報ほとんど入れずに行ったので、入場してすぐ画面の前に座らされてびっくりしました。(すぐに各自展示を見て回るものだと思ってた)
何が始まるのかとドキドキしてたんですが、アニメとかミュージカルとかの映像を短くまとめたものが流れました。多分特に目新しい映像はなかったと思う。
ゲームのOPの映像も流れて、普段は飛ばして見てないので改めてちゃんと見る機会貰えて良かったかもと思いました。


②金襖の間


入ったらいきなり清光が居て、原作立ち絵本当に大好きなのでまじまじと見つめてしまいました。 
添えられてる紅い椿?が良いアクセントになってて綺麗だなーと思いました。


③三日月宗近の間

三日月さん、綺麗でした。
パネルの文章を読んで、三日月宗近の復元はすごく難しくて、当時作られた状態に復元するっていうのは本当に大変な事なんだなと感じました。語彙力がなくて上手く言えないけど、とにかく三日月宗近の復元はほんとにすごい事で、刀剣乱舞がきっかけでそういうすごい事をやってるっていうのがすごいなと思って感激しました。本当に語彙力がない。


④演戯の間


ミュージカルの衣装とか展示してありました。
衣装見ると、肩幅の広さと身体の厚みを感じます…。


⑤アニメの間


花丸の設定資料、すごく見ごたえがありました。
「目つき超悪い」とか「上下に八重歯があります」とか、書かれてるの見ると楽しいです。全身の資料の方には「細いけど筋肉質」とか書かれて…とても楽しいです。 


⑥祝画の間

清光の祝画見た瞬間心拍数が上がりました。
今までに見たことのない微笑みをしていました…。
ずっと見ていたかったんですけどずっと見てるのも恥ずかしいので、祝画の間を5周ぐらいはしました。 撮影不可だったのでしっかり目に焼き付けました。
清光の隣に安定のイラストがあって、刀の構え方が安定と清光は違ってて、清光は意識して綺麗なポーズで刀を構えてるんだなっていうのが伝わってきました。
清光以外だと、鳴狐の絵が一番良かったです。 ポーズも背景もすごく格好良かった。 あと五虎退の絵もすごく綺麗でした~。



以上、本丸博レポでした。楽しかった!
PR

加州清光についての考察

清光について色々語りたい事があるので語らせて下さい…。



・「可愛い」という言葉の定義について

「可愛くしているから、大事にしてね」とか「ちょっとは可愛くなったよな」とか、清光は「可愛い」という単語をよく使います。
ですが、清光の言う「可愛い」という言葉は、一般的な「可愛い」とは少し概念が違っているように思います。

例えば、清光が「ちょっとは可愛くなったよな」と言うのは、レベルが上って「特」がついた時です。
つまり、レベルアップして強くなることも、清光にとっては「可愛い」に含まれるということです。

そもそも、何のために清光が「可愛く」しているのかというと、主に大事にしてもらうためです。
身なりを整えて綺麗にしていることも、戦闘面で強くなることも、主に大事にしてもらえる理由になり得るものは全て「可愛い」なのではないかと思います。

だから私が清光に対して「可愛い」と言う時は、一般的な意味での「可愛い」ではなく、綺麗で、美しくて、かっこよくて、強くて、頼りになって、大好きだよという色々な意味を込めての「可愛い」として言います。



・清光の望むこと

清光は愛されたがりの刀というイメージが強いですが、主に愛される事自体が目的ではないと私は思っています。
愛されたいという気持ちの先にある本当の目的は「刀として長く大事に使ってもらうこと」なのではないかと思います。

清光は池田屋で折れた過去があるので、今度はもう折れないように大事にしてもらいたい、そして、今度はもっと長く刀として使ってほしい、という思いがあるんじゃないかと思います。

清光は、手合わせの時とか出陣の時とかは声が普段より楽しそうなので、やっぱり戦うことが好きなんだろうなと思うんです。新撰組の刀ですし。

清光が望むことは、「刀」として主に愛してもらって、そして大事に長く使ってもらう事なのだと思います。




刀剣乱舞-花丸- 第十二話感想

花丸12話感想。

清光モンペな文章になってしまいました。












先週に引き続き、

安定なにやってんの……ほんとに…………。


安定がなかなか戻ってこなくて、でも清光は「まさかね」って言って、そんな訳ないと思って、安定の事ちゃんと信じて待ってたんですよ。

それなのに検非違使出てきちゃうし、さすがにおかしいってなって、池田屋の中に戻ったら、桜のヘアピン割れて落としっぱなしにしてるし、2階に上がったら安定は浪士斬ろうとしてるし、もうあまりにひど過ぎる。安定の清光に対する仕打ちがひどすぎる…。


ずっと、1話の時からずっと安定のこと気にかけて、安定が歴史改変に走らないように注意してきてくれてたのに…。
結局歴史改変しようとしちゃうんかーい。
今までの清光の頑張りは……。



一番辛いのは清光だよ?だって池田屋で折れてるんだよ?
泣きながら言ってたけど、清光だって沖田君の事守りたかったんだよ?
でもちゃんと自分の過去を受け止めて、今の主の為に、本丸の皆の為に、って頑張ってるんだよ。


そんな清光を泣かさないでよ…。
「俺も沖田君のこと守りたかった。折れないで最後まで戦いたかった」なんてセリフ、あんなの清光に言わせないでほしかった。
ずっとそういう事は口に出さないようにして、本丸一番の古株として、審神者の為に、みんなのために、強く居てくれたんだよ。
それなのに、安定が。安定がーーーっ!!!

辛い……。
清光の気持ちを裏切ったら許さないって言ったじゃん…。


歴史改変しようとしてる安定を見つけたときの清光の気持ちどんなだったと思う?
すごく傷ついた。傷つきました。
はぁ……。



まぁ結局は安定も改心してくれたみたいだから良かったけど……。



その後の話で、主に話したいことがあるって、安定が主の部屋に行って修行に行く話?をしてる間、清光は部屋の外で待ってるわけだけど、その時のものすごく心配そうな表情…。

そりゃそうだよ。「僕の目を見て!心を入れ替えたんだ!」って言っておきながら全然心入れ替えてなかった前科があるから、もう心配でたまらないよ。




でも清光は優しく声をかけてあげて、安定を見送るってあげるんですよね。
それでちゃんと帰ってきた。良かった…。



清光から再び渡されたデコ桜ヘアピン付けた安定が可愛かったので全部許します。

刀剣乱舞-花丸- 第十一話感想

花丸11話感想。





池田屋…。
沖田君を追いかけて行く安定……。


ねぇ安定なにやってんのーーーー!?!?!!??!!???


って、叫びたい…。
池田屋に行くことが決まった時、長谷部が安定の事を心配だって話を清光にしてて、清光は「安定は心も強くなってる。信用してやってよ」って長谷部に言ったんですよ。
でもそうは言いつつも、やっぱり清光も安定の事心配してて、桜の木の下に呼んで話をしたんですよね。
その時安定は「心を入れ替えたんだ。僕は主の為に、この本丸のために戦う」って言ったよね。
その言葉がすごく嬉しかかったのに、それなのに、それなのに…。
どうして安定は沖田君を追いかけて行っちゃうのか……。

屋根の上で安定を待つ清光の表情見ました???
本当は安定の事が心配ですぐにでも追いかけて行きたいんですよ。
でも、安定の事を信じてあげたいから、すぐには追いかけて行ったりはできないんですよ…。


おい安定ーーー!!!


清光の気持ちを裏切ったりしたら許さないからね!!!!
折れたりしても許さないからね!!!!!
お守りがあるから大丈夫だよね?折れないよね??
主の為に、この本丸のために戦うって言ったのは嘘じゃないよね???


【次回あらすじ】
池田屋の一階で元の主、沖田総司に出くわしてしまった大和守安定。新撰組の一員に成りすまし、沖田と共に池田屋へ潜入する。不穏に思った加州清光は安定の後を追う…。


清光も折れたりしないでね…。みんな無事で帰ってきて…。
花丸で終わりますように…。

刀剣乱舞-花丸- 第六話感想

花丸6話箇条書き感想。

※だいたい清光の事ばっかり
※審神者=ヒロインとして見てます


・清光のあくび可愛い
・審神者が風邪をひいたというシチュエーションがもう最高
・「俺はどうすればいい」ってパニくる長谷部に、「まずは、自分たちの出来ることをすればいいんじゃない」って冷静に言う清光カッコいい
・うどんミュージカル…(笑)結局ほとんど燭台切が作ってるの面白い
・「そういえば最近主の部屋夜中まで明かりがついてたんだよね…」この台詞から分かることは、清光は毎晩主の部屋を見張ってくれてるかあるいは見回りしてくれている!!!!???ああああありがとうございます!!!!
・御手杵がハチの巣つついてしまうシーンで、清光だけハチの巣の存在に気づいてるの良い
・前田君のお手紙欲しい!!
・主がみんなに愛されてて良いなあと思う
・今までずっと安定は沖田君沖田君沖田君ばっかり言ってて全然主の事を気にしてない様子だったのが実はちょっと不満だったけど、やっと主の事を見てくれて嬉しい。「今じゃなきゃ駄目なんだよ!」って主の部屋に行く安定可愛い~
・まさかの手縫い水着(笑)次週水着回…?乱ちゃんにこの水着はダメだと思う…
・EDの寝ころびながら雑誌?読んでる清光と安定可愛いよ!