忍者ブログ

思いの丈を綴る

アニメや漫画、ゲーム等の感想やらを吐き出すためのブログ。2.5次元の話もします。

メンズ5 with T.M./学園天国



学園天国のCD購入しましたー!

初回限定盤なのでミュージックビデオ付きです!(目当てはこっち)

ファイブ1話見た時、EDがめっちゃ良いなと思って、MV売って欲しいなと思ってたんですが願いが叶いました~。

みんなほんとにわいわい楽しそうで、見てるとこちらも楽しい気持ちになれます。

個人的に好きなところは、1分50秒辺りの、麻璃央さんが流司さんの脇の下に手を入れた時の流司さんのレアな表情です。

あとCDの方、てっきり1曲しか入ってないものだと思ってたんですけど、メンズ5+生徒会の人の各々のソロも入ってることに後から気づいて、やったー!って思いました!

やっぱり流司さんの歌声好きです~。
PR

佐藤流司さんが出てる舞台や雑誌

佐藤流司さんが出てる舞台や雑誌のメモです。

【舞台】
---2016年---
ミュージカル『刀剣乱舞』 ~阿津賀志山異聞~
ミュージカル『刀剣乱舞』 ~幕末天狼傳~
真剣乱舞祭2016

----2017年---
映画『Please Please Please』
ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』〜暁の調べ〜
ドラマ『ファイブ』
學蘭歌劇『帝一の國』-大海帝祭-
加州清光単騎出陣2017
真剣乱舞祭2017



【雑誌】
---2017年---
Junon(7月号) 5.23発売
anan(no.2057) 6.14発売
月刊TVガイド(8月号) 6.24発売
Sparkle(vol.31) 7.27発売
stamp! (act_05) 7.28発売



【その他】
---2017年---
NHK『シブヤノオト』 7.2
刀剣乱舞2.5Dカフェ サテライトスタジオ 7.30

活撃 刀剣乱舞 第六話 感想

活撃刀剣乱舞 第六話「本丸」の感想です。
ネタバレ注意。





タイトルが本丸というだけあって、一気に色んなキャラが登場しましたね〜。

今回一番びっくりしたのは、小狐丸さんががっつり登場したこと。
てっきり、ちゃんと登場するのは第一部隊と第二部隊のキャラだけだと思っていたので、まさかあんなに小狐丸さんの出番がしっかりとあるなんて予想外でした。
食堂?のシーンで色んなキャラが数秒映った時ドキッとして「清光いる!?いない?!」みたいな感じで凄く焦ったんですけど(いなかった)、小狐丸さん普通にアップで映って喋って動いてて、そんな不意打ちされたら私だったらオーバーキルです。
清光もあんな風に登場する可能性があると思うと、ほんと落ち着きません。活撃こわい。

花丸はみんな仲良しファミリ〜♪って感じでしたが、活撃は社会組織って感じがします。上下関係ありそう。
三日月さんと小狐丸さんが2人で話してるシーン、天下五剣の貫禄がやばいんですよね…。
そこに兼さんが訪れて、小狐丸さんが立ち去るんですけど小狐丸さんが座ってた座布団には座らず少し後ろで床に座る兼さん…。
三日月さんも隣に座れとは言わない…。
格の違いみたいなのを感じました。

それから、第一部隊のお披露目があった訳ですが、あのメンバーの貫禄も凄まじいですよね。
最近髭切さん推しなので髭切さんに注目して話します。
髭切さん、脚を組んでゆったりと腰掛けててリラックスしてる感じだけどちゃんと手を揃えて置いていて、お上品なところが髭切さんらしくてとても良かった。
ソファー3人がけっぽくて、一番端っこに座ってるんですけど隣には誰もおらず、真ん中の位置にどーんと刀を置いちゃってるのも良い。
弟はというと、ソファーの後ろに寄りかかって立ってるという…。
この構図良いですよねー。
膝丸が隣に座らないからソファーの上に刀を置いたのか、あるいは膝丸のことなんて考えず遠慮なくど真ん中に刀を置いたのか…。

動きも喋りもしなかったけどこのワンシーンだけで楽しかったです。

メアリと魔女の花 感想

メアリと魔女の花、見ました。

いやーもう、ピーターが最高でした。イケメンだった。


以下ネタバレ感想。
記憶違いがあったらすみません。

基本ピーターの事ばっかり書いてます。
最後ピタメアの話になりました。






まず、ピーターの初登場シーン。
メアリが落ち葉の入ったカゴをかぶって葉っぱまみれになっている様子を見てピーターが爆笑。そして「赤毛のサル」と言ってメアリをからかうピーター。
もうこの時点で「あ、このキャラ好き」って思いました。ヒロインをからかう男の子、好きです。
「赤毛のサル」と言う言葉は嫌味で言ってるわけでなく、単にちょっとからかってるだけっていうのがポイントです。
正直あまりこの映画に期待してなかったんですが、ピーター登場のこのシーンでテンションが一気に上昇しました。

そしてその後、ピーターはメアリの家のおばさんに配達物を渡すんですがその姿がとてもスマートで会話の仕方も大人な感じで、おっちょこちょいのメアリとは正反対のなんでも上手くこなすタイプという事が判明し、そういうタイプのキャラ大好物なのでさらにテンションが上昇しました。

メアリは褒められているピーターを恨めしそうに見るんですが、そんなメアリに対してピーターは「ここ、ここ」と頭を指差して髪に葉っぱが付いてるということを教えてあげます。
こういう、からかいを含んだ優しさ最高です。もうピーター大好きになりました。



その翌日?、メアリはおばあさんにお遣いを頼まれて、ピーターに木苺のジャムを届けます。
ピーターは木苺のジャムが大好きらしく、メアリからジャムを受け取って喜びます。可愛い。

その後、猫を探しに行くというメアリにピーターもついていき、たぶんこの時だったと思いますがメアリが「赤毛のサルじゃなくて、私にはメアリっていう名前がある」とピーターに怒り気味に言います。
その際のピーターの対応が「へぇ、メアリって言うんだ」って、ちゃんと名前で呼んであげるところがとても良かった。

そしてメアリは猫を探すために森に入ろうとするんですが、霧が出てて、霧が出てる時は森に入っちゃ駄目だとピーターはメアリを引き止めます。このシーン大好きです。
引き止める時にメアリの事をうっかり「赤毛のサル」と呼んでしまって、ピーターはすぐにハッとしてしまったっていう顔をします。メアリの反応を見る前に失言に気づくところが良い。
メアリは不機嫌になって「森に入るのが怖いんでしょ?」みたいな感じでピーターを煽るんですけど、ピーターはちょっとムッとしたもののちゃんと冷静なままで、森に入っていくメアリを最後まで止めようとします。ピーター偉い。「メアリ」ってちゃんと名前を呼んで呼び止めてあげるところがすごく良い。
まぁ結局メアリは一人で森のなかに入って行っちゃって、ピーターは諦めて去っていくんですけど…。
実はあとからメアリを探しに森の中へ入っていたということが判明するわけです。めっちゃ良い子…。



それから色々あって、マダムに連れ去られたピーターをメアリが探しに行って、再開するシーン。
メアリが思わず泣いちゃってピーターに抱きつく訳ですが、ピーターは照れるでもなく、慌てるでもなく、抱きしめ返すでもなく、押し返すでもなく、しがみついて泣くメアリをただじっと見るんです。神対応だと思いました。
抱きしめ返すというのも良いんですけど、まだピーターとメアリは知り合ったばかりでそこまで仲良くなってないので、抱きしめ返すという行動をとるまではいかないかな…と思ったので、私的にベストな対応でした。

メアリは自分のせいでピーターが拐われたことに罪悪感でいっぱいで、でもピーターは全く怒ることなく何でもない事のように「もういいよ」と言って、「皆で一緒にここから出よう」って逆にメアリを励まします。ピーターイケメン。
そのあと逃げる途中でマダムに見つかって、ピーターがマダムの魔法で片足を掴まれてしまって、ピーターはメアリに「一人で逃げろ」って言って手を振りほどきます。ほんっとイケメン。
ピーターこんな状況なのにずっと強気で不安な様子を見せなくて、マダムを恐れることなく堂々としててほんと格好いいです。常に冷静で肝が座ってるし頭も良いし優しい。パーフェクト。


で、それからなんやかんやで、メアリはピーターを救うことに成功。
魔法の衝撃で気を失っているメアリにピーターが自分の上着をかけてあげていたのを見て、どこまでイケメン度を上げるのかと思いました。
目を覚ましたメアリに、探してきたメアリの鞄を渡してあげるピーター。優しい。
もうピーターのことを好きにならない訳がなくない?って感じです。

ED曲が流れて、一緒に自転車で学校に登校するメアリとピーター…。微笑ましい。
後日談が見たくて仕方ありません。
メアリとピーター、毎日いっしょに登校してるんですかね?ピーターが毎日メアリの家に迎えに行って?帰りも一緒に帰る…?


映画が終わる頃には、メアリとピーターが結婚することが脳内で確定していました。

おわり。

劇場版 Free!-Timeless Medley- 約束 感想

凛ちゃんコースターの週なので観に行ってきました。

当ててやりましたよ。


この凛ちゃん、とてもいい表情で大好きです。

以下ネタバレあり感想。









まず、貴澄くん。

OPで貴澄くんと颯斗くんの新規映像が出てきて、ほんと数秒だったけど最高でした…!
家で2人でTVゲームをしてて、颯斗くんが喜ぶと同時に貴澄くんがとても悔しそうにしてたんですけど、これってつまり、貴澄くんが颯斗くんにわざと負けてあげたってことじゃないですか!?そうですよね!?
弟の為にわざと負けてあげる貴澄お兄ちゃん、もう最高です!

それから、旭とのメール。
一瞬しか映らなくて、貴澄くんのメールは絵文字たくさん使われてて可愛いってことしか分からなかったんですが、情報収集した結果、以下のような内容だったらしいです。

---------------------------------
Re:
✨旭ー!
すごーい!いつ以来?
びっくりした
多分その頃には岩鳶にいると思うよ。
旭は大丈夫なの?
---------------------------------
Re:Re:
マジかよ!
じゃあ5月に帰省するので
ヨロシク

---------------------------------

思ったより、貴澄くんのメール絵文字多くなくて、脳内補正がかかっていたようです…。
とりあえずこのメールから分かることは、貴澄くんと旭はしばらく連絡をとっていなかったということ。
もしかして転校後から疎遠になってた…?
2人とも友達との縁は大事にするタイプに見えるから意外。
あ、でももしかして、「いつ以来?」っていうのは、帰省するのがいつ以来?ってことで、メールで連絡はとってたのかな…?
うーん、でもほんとに久しぶりに連絡したっていう感じに見える。
あと、貴澄くんからのメールが「Re:」だから旭から連絡したっていうことですよね。いいですね。

そして、貴澄くんのお部屋。
ぼんやりとしか覚えてないけど、暖色で可愛い部屋だったような気がする。
なにより、ベランダに椅子を出して座ってるっていうのがやばい。もしかしてテーブルも置いてた…?カフェテラスですか?観葉植物も色々置いてあったよね?
そんなおしゃれすぎるベランダで、外を見ながら一人腰掛けて、久しぶりに会う友人へメールを送ってるのやばくないですか?やばいです。
「多分その頃には岩鳶にいると思うよ」ってメールに書いてあるけど、貴澄くんはもう既に実家を出てるかあるいはこれから出るか、ということですね。
このオシャレなお部屋は実家なのかあるいは既に一人暮らしを始めているのか…。気になります。
後ろ姿だけで表情は映ってなかったけど、久しぶりの友達からの連絡ですごく嬉しそうな顔してるんだろうなーと想像がつきます。




次に、郁弥くん。

ルームメイトから「お兄ちゃんっ子」って言われて「そういうのやめて」ってムッとしてるのとても可愛かったです。
前回の「絆」で、郁弥くんはだいぶ闇を抱えてるように見えたけど、このやりとり見たら案外大丈夫そうでほっとしました。
そしてこの郁弥くんのルームメイト、見たことのない顔だなと思って調べてみたら「遠野日和」という名前の新キャラらしいです。今後また出てくるのかな?
郁弥くんと仲良くやっていってくれそうで、楽しみです。




最後に、凛ちゃん。

初っ端の過去の話…。この映画で一番泣きそうになりました。
すっごく幸せそうな良い家族で…それなのにお父さんが亡くなっちゃって…。
残された凛ちゃんと江ちゃんとお母さんは悲しみにくれる訳ですが、凛ちゃんがこのままじゃだめだって思って、江ちゃんとお母さんを支えようと決心するんですよね、2人の為に。凛ちゃん……。
強くあろうとしてくれるキャラ、大好きなんですよ…。
凛ちゃんは特に負けられないっていう気持ちが人一倍強い子だと思いますが、その動機というか理由というか、それが分かって、より凛ちゃんについての理解が深まったというか…。
凛ちゃんが今の凛ちゃんの性格に育ったことに、すごく納得しました。強くて一番でいなきゃいけなかったんですよね。
水泳で世界を目指すという夢は、自分自身の為のだけじゃなくて、家族のためでもあるんですね…。
凛ちゃん少々荒れてた(?)時期もあったけど、そういう姿は家族に見せないようにしてたのかな…。してたよねきっと…。
御子柴部長に「怖い顔じゃなくなったな」って言われてたの良かったですよね。
怖い顔の凛ちゃんも私は大好きですけどね!!!



もう1回観に行きたい。