忍者ブログ

思いの丈を綴る

アニメや漫画、ゲーム等の感想やらを吐き出すためのブログ。2.5次元の話もします。

サンリオ男子2話3話 感想

サンリオ男子
第2話「雨上がりのギフトゲート」
第3話「マイ♪シスター・ブルー」
の感想です。

ネタバレ注意。






「サンリオ男子」のアニメのテーマが「好きなものを好きと言うこと」だと思っていて、その視点での感想(考察?)です。



2話、宏太くんが無事にポムポムプリンの事を好きだと素直に言えるようになって良かったな~と思っていた所で、サンリオ男子を良く思っていない由梨ちゃんの登場。
ここまで言うか?っていうぐらい「キモイ」を連発しましたね…。

「なにそれキモイ。男のくせに恥ずかしくないわけ?」
「いい年してサンリオキャラとか集めちゃってるんですか?」
「高校生にもなってマイメロとか恥ずかしい」

由梨ちゃんなかなかズバッと言ってくれます…。
あまりにも祐くんに対する態度や言葉が酷すぎるように思えたけど、思春期の兄妹だと実際こんな感じかなとも思います。

2話で祐くんが「何かを好きだって気持ちは全然恥ずかしいことなんかじゃねえだろ!」って宏太くんに言ってて本当にそうだと思うけど、だからといって自分の好きなものを周りから認めてもらえるかというとそうではないんだな、ということを感じました。

兄妹だからこそここまでズバズバと言えるんだと思うけど、口に出さなくても心の中でキモイと思ってる人は居て、由梨ちゃんがその代弁者の役割だったんじゃないかと思います。
(由梨ちゃん、ゲームのストーリーではここまで酷いこと言ってなかった)

結局、最後は由梨ちゃんと祐くんなんやかんやで仲直り?してハッピーエンドな感じですが、最後の最後まで由梨ちゃんは「キモイ」と連発していて、そこがポイントだったと思うんですけど、「キモイ」と思われたからといって、相手から嫌われるわけじゃないんですよね。
好きなものを相手が認めてくれなかったとしても、自分の全部を否定される訳ではないんですよね。


好きなものを好きと言うことは悪いことでも恥ずかしいことでもない。だけど受け入れて貰えない場合もあるかもしれない。でもそれが原因で嫌われるわけじゃない。だから大丈夫だよ!
っていうお話だったのかなーと私は思いました…。
PR

刀剣乱舞花丸 アニメ2期 1話「睦月 強くならなきゃ」感想

箇条書きで花丸2期1話感想。

ネタバレ注意。



・OP可愛い。OPの清光の戦闘シーン滅茶苦茶格好いい。走ってる安定可愛い。まるで女の子…
・「おはよー主。降りてくるなんて珍しいね。今日もよろしく」死亡案件です
・清光のあくび可愛い。髪の毛いじる清光可愛い。清光可愛い
・びっくり箱にびっくりする五虎退可愛い
・こんのすけ可愛い。「辞令があれば西へ東へ~」のところの絵めちゃくちゃ可愛い
・清光の声1期よりちょっと明るい感じ。1期はローテンションすぎた気がしてたからこれぐらいが好き
・源氏兄弟の作画素晴らしい
・髭切さんのゆるゆる~な感じ可愛い
・「決して仲が悪いわけではないぞ!」って主張する膝丸可愛い
・「ひ・ざ・ま・る!」可愛い
・何故清光が石切丸さんにぶつかって転ぶ必要があったのか分からないけど、三条の刀と清光の絡みが見れて嬉しい
・にっかりさん、安定の着物似合いすぎ
・石切丸さん、清光のことを褒めてくれてありがとう
・「鬼だろうが刀だろうが切っちゃうよ」「いやいや、隊長じゃないから弟を切ったりしないって」の台詞が聞けて嬉しい
・あれ「時空転移装置」って名前なんだ。夢小説書く際に名前分からなくて困ってたけど判明して良かった
・「源氏万歳!」のくだりも聞けて嬉しい
・戦闘シーンみんな格好いい…
・燭台切さんが「小夜ちゃん」ってちゃん付けで呼んでるのびっくりした。小夜ちゃん呼び最高。そして小夜ちゃん良い子で可愛い
・三日月と話す時の清光めちゃくちゃ美人。三条の刀と清光の絡みが見れて嬉しい
・がぶがぶお酒を飲む髭切お兄様やばい。絶対お酒強い。やばい
・ED、源氏兄弟いい声…



「おはよー主。降りてくるなんて珍しいね。今日もよろしく」
2期1話で一番好きなシーンここです。主に話しかける清光。本当にありがとう。
毎朝こんなこと言ってくれたらもう………。もうだめだ。


サンリオ男子 1話 感想

サンリオ男子 アニメ 1話「はじまりはポムポムプリン」の感想です。
1話ほんとにすごく良かったです。

以下ネタバレ感想。





剣で戦う俊介くんと祐くん…。
最初一体何が始まったのかと(笑)
涼くんは王子の格好滅茶苦茶似合ってますね~。
そしてまさかの夢オチではなく劇オチ(笑)
サンリオ男子のアニメは完全に女性向けだろうと予想してたんですけど、この時点でそうじゃないなと感じました。

康太くん、無気力な冴えない普通の高校生っていう感じを出してて、これ完全に男性向けアニメの主人公のパターンじゃないですか?
変顔まで披露して…面白いです(笑)
『サンリオが好きな男の子』のアニメなので、きっと男性が見ても楽しめるように作ってるんだろうなと思いました。

あと康太くんのお友達になんかドキドキするなーと思ったら…茶髪の子、声が貴澄君じゃないですか~!鈴木千尋さんじゃないですか~!
黒髪の子も見てて面白いし、口元にホクロがあるのがなんか狡い。
この2人はモブ…とまではいかないけど今後ほとんど出番ないだろうに、しっかりキャラが立ってて良いですね~。
2人とも好きです。

そして友達と遊びに行くシーン、康太くんがおばあちゃんに席譲ったり、肉まん頬張ったり、子犬と戯れたり、康太くんの可愛さがぎゅっと詰まってて良かったです。

迷子の女の子を放っておけない康太くん。良い子…。
ポムポムプリンのチャームポイントはおしりの穴っていう豆知識がテロップで出て来るのすごく良いなと思いました。
知識があるのとないのとでは楽しさが違ってきますもんね。
つんつんシーン面白かったです(笑)

それから康太くんの過去の話。
私は祐くんルートをゲームで途中までやっただけなので、康太くんの事はあまり知らなかったんですけど、こんな重い過去があったんですね…泣ける…。
でも「バカ!アホ!ウンコ!」って言うとこは笑ってしまいました(笑)
ところどころ笑えるシーンを突っ込んでくれてる。

そして俊介くんのシャワーシーン。そしてそれを覗く祐くん。
「お互いの恥ずかしい所、全部知り尽くした仲っしょ!」って言う裕くんに「え!?」って顔をして反応してるモブ男子がさりげにいるのが面白かったです(笑)
祐くんに塩対応な俊介くん好きです。
祐くんと俊介くんって全然違うタイプなのに仲良いのがほんと良い。

マイメロのことを「俺のお姫様」って言う祐くん好きです。
サンリオ男子初見の人が見たら「お姫様=マイメロ」とは思わないのかな?
それから、2人で撮ったプリクラをマイメロのキーホルダーに貼って持ってるの最高です。仲良し可愛い。
祐くんって女の子が好きでチャラい感じに見えるけど、ちゃんと男友達も大事にしるところが好感を持てるポイントです。

康太くんと祐くんの追いかけっこシーンも面白かったです。
康太くんにぶつかって「大丈夫?」と手を差し伸べられたモブ女子、敢えて顔を映してない感じで声もついてなかったけど、これ夢女子へのサービスですね。
腐女子も夢女子も、みんなが楽しめるように作られてる感じします。

それから涼くんの「バカみたい」っていう台詞、可愛い顔してつんけんしてる性格が出ててよかったです。
涼くん出番少なかったけど、少ないながらに個性が伝わってきて良かったです。

なんだかんだでマイメロを探してあげる俊介くん、優しい~。
そして壁ドン!
そしてマイメロにキスする祐くん!
そしてキティ「さん」呼び!
そしてキラキラと浄化されていく感じの康太くん(笑)

1話にぎゅっと魅力が色々詰まってました。
ラストはちょっと笑ってしまったけど、サンリオ男子素晴らしいなと思いました。
すごく良い1話だった。

康太くん、昔友達にからかわれたことがきっかけでポムポムプリンの事を好きだと言えなくなって、好きっていう気持ちを封印したまま高校生になって、でもサンリオが好きって堂々としている祐くん達に出会って、好きなものを好きと言える場所が見つかって、キラキラになるわけですよね。多分そこがテーマなんですよね。素晴らしいですね。

私、初めてサンリオ男子というものを知った時、奇をてらったおもしろ企画みたいな感じだろうと思ってたんですけど、全然そんなことなかったです。真面目に作られてる。すごく良い。好き。



サンリオ男子、キャラは魅力的だし、笑えるし泣けるし、優しい気持ちになれるし、ほんとに最高でした。サンリオ様ありがとう!

佐藤流司さん出演の舞台や掲載雑誌まとめ

佐藤流司さんが出演している舞台や掲載されている雑誌のまとめです。

舞台

----2017年---

真剣乱舞祭2017
加州清光単騎出陣2017
學蘭歌劇『帝一の國』-大海帝祭-
ドラマ『ファイブ』
ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』〜暁の調べ〜
映画『Please Please Please』

----2016年---

真剣乱舞祭2016
ミュージカル『刀剣乱舞』 ~幕末天狼傳~
ミュージカル『刀剣乱舞』 ~阿津賀志山異聞~


雑誌

----2018年---

発売日/雑誌名/詳細
01/22 「TV fan 3月号」
01/22 「JUNON 3月号」
01/17 「TV LIFE 3月号」
01/12 「TVfan CROSS Vol.25」
01/15 「TVガイドdan vol.17」

----2017年---

(2017年の雑誌掲載情報はおそらく全て網羅しているはず…)

発売日/雑誌名/詳細
12/15 「コミックジーン 1月号」
12/05 「週刊朝日 2017年12月15日号」
11/10 「オトメディア 12月号」 (単騎ゲネプロレポート)
10/31 「オトメディアステミュ VOL6」(単騎ゲネプロレポート)
10/06 「omoshii mag vol.11」
10/06 「読売中高生新聞」
09/19 「マーガレット20号」(別冊ふろく『ボーイフレンドBOOK』)
09/08 「オトメディア」
08/31 「キャストサイズ 夏の特別号2017」
07/28 「stamp! act_05」
07/27 「Sparkle vol.31」
06/24 「月刊TVガイド 8月号」
06/14 「anan no.2057」
05/23 「JUNON 7月号」
04/26 「Sparkle vol.30」
04/25 「月刊アクション6月号」(ドラマ「ファイブ」の特集記事)
04/20 「マーガレット 10号
04/05 「オトメディアステミュVOL.5」(ライブ・スペクタクル「NARUTO」 佐藤流司×良知真次)
03/29 「stamp! act_04」(ライブ・スペクタクル「NARUTO」 松岡広大×佐藤流司)
03/17 「キャストサイズ 特別号2017March」(佐藤流司×北園涼)


その他(テレビやラジオ等)

----2017年---

12/25 「あにレコTV」
12/02 「ズームイン!!サタデー」
8/28.9/4.9/11 マークFM(FM愛知)『ノリノリでいこうぜ★』
07/02 NHK『シブヤノオト』
07/30 「刀剣乱舞2.5Dカフェ サテライトスタジオ」
05/25 「TOKYO FM 80.0MHz 「よんぱち」
05/05 「2.5次元男子 放送部」

特別版 Free!-Take Your Marks- 感想

Free!TYM、公開初日に観に行ってきましたー!

今回はギャグ多めでたくさん笑えました。

以下ネタバレあり感想。






まず貴澄くん!の話の前に颯斗くん…!

笹部コーチに「はやとー!」って名前を呼ばれて少し照れくさそうに両手を上げて手を振る颯斗くん、めちゃめちゃ可愛い。天使。
片手じゃなくて両手で、だけど控えめに恥じらいながら手を振ってるところがポイントです。はー可愛い。


そして貴澄くん!!

文章がまとまらないのでとりあえず箇条書きで。

・『鴫野不動産』
・ハルちゃんに避けられる貴澄くん
・キスミーキャッチミー!
・おじさんちに下宿
・車の運転する貴澄くん…
・心理的瑕疵物件の話をする貴澄くん…
・「ここは僕が払っとくよ」とコーヒー代を経費で落とす貴澄くん…
・コーヒーはブラック

短時間に貴澄くんの魅力がギュッと詰まってました。
はるちゃんまこちゃんのお部屋探しの案内を貴澄くんがするっていうのは想定の範囲内だったけど、車の運転と心理的瑕疵物件と経費でのお支払でオーバーキルでした。ありがとうございました。

貴澄くん、思ってた以上にハルちゃんに嫌われてて面白かったです(笑)
ハルちゃんは貴澄くんみたいなタイプめっちゃ苦手なんだね…。

あと、貴澄くん東京に行ってしまって、颯斗くんと離れ離れになるんだなぁと思うと寂しい…。

それから、旭との電話のシーンで、メールに5月って書いてておかしいなと思いつつ何も言わない貴澄くん、最高です。
それから、わざわざ実家にきびだんご届ける旭が可愛かった。颯斗くん渡してあげて欲しい。


次、凛ちゃん。

枕が変わると寝れないという新情報頂きました。百太郎くん情報提供ありがとう。
凛ちゃん、温泉旅行先でもなかなか寝付けてなくて、その時に宗介くんに話しかけてる時の凛ちゃんの声、やばくなかったですか?色気半端ない…。
旅行中、凛ちゃんと宗介くんすごく落ち着いてて熟年夫婦感を感じて、それと対象的に似鳥くんと百くんがわいわいはしゃいでて、4人でいいバランスだなーと思いました。
凛ちゃんももうちょっとはしゃぎそうなイメージだけど、意外と結構落ち着いてますよね。
小学生凛ちゃんだともっとはしゃいでただろうけど、色々経験して大人になった感じ。
でも凛ちゃんと宗介くんで写真撮るシーンで、宗介くんの事笑わせようとしてくすぐってたのが、やんちゃな凛ちゃんの片鱗が見えて可愛かったです。

4人の温泉旅行で一番好きなシーンが、お守りを渡すシーン。
「傷病平癒」のお守りを見て複雑な表情をする宗介くんに胸が傷んだんですけど、そんな宗介くんに「必勝」のお守りをプレゼントする百くん、感動的でした…。
百くんは「傷病平癒」を選ぶなんて考えは全くもってなさそうですよね。
百くんから見た宗介くんのイメージは「必勝」だったんだろうなあ…。これだからFree!は大好き。

あと似鳥くんと宗介くんが2人で温泉に浸かってるシーンで、うろ覚えですけど似鳥くんが「自分の可能性を潰すな」的なことを宗介くんに言われて、そのお陰でここまでこれた、みたいなことを言っていて、きっとそれは怪我で水泳を諦めようとしている宗介くんに対するエールですよね。はぁ…。宗介くん、いい後輩を持ったね…。もちろん宗介くんが良い先輩だったから、ですよね。


あと郁弥くん。

水泳部のチームのみんな辞めちゃって、郁弥くんはみんなのこと恨む…とまではいかなくても、裏切られたみたいな暗い思いを持ってるのかなと思ってたんですけど、意外とそうでもないみたいで…。
水泳部を辞めるまこちゃんに対して「兄妹のこと大事にしてあげて」的なことを言ってて、大人だなと思いました。
郁弥くん、一度チームで泳いだことによってだいぶ精神年齢成長した感じですよね。
ハルちゃんにたいしても「試合会場で会おう」って事を伝えてほしいと言ってて、すごいなと思いました。
競泳が好きっていう気持ちにまっすぐになることが出来た郁弥くん、素晴らしいですね。
自分の信念みたいなものに真っ直ぐな子、すごく好きなんですよね…。じわじわと郁弥くんの事が好きになっていく…。
TM絆を見た時は、郁弥くん闇落ちしちゃったのかと思ってたんですけど、そうじゃなくて良かったです。


あと言い残したことは…
貴澄くん、凛ちゃん、ハルちゃんの3人の運転シーンを入れてくれたのはさすがだなと思いました。ハルちゃんスイスイ運転してて、意外なようで意外じゃない。3人とも運転上手で良いですね~。ハルちゃんが凛ちゃんに対してライバル意識燃やしてるのも可愛かった。

あと、凛ちゃんが、江ちゃんが百くんと付き合ってるんじゃないかと勘違いする話めっちゃ面白かったです。
メカイクラとか桃栗三年柿八年とかPKH東作戦とかオオクチンホソエソンくんとか…おもしろワードいっぱいでしたね~。
PKH東っていうのが、パーフェクト筋肉ハンサムあずまの略ってことまでしっかり記憶に残っています。

あと、松岡家は相変わらず3人共美人だったのと、ロマンチストな凛ちゃんらしい台詞がいくつか聞けて良かったです。
凛ちゃんって、カッコつけるために言ってるというよりは、ロマンチストなこと本心で思ってるって感じですよね。そういうとこ好き。


でも今回はほんと百くんが大活躍でしたね。
温泉旅行に行くことになったのも百くんが福引当ててくれたお陰だし、宗介くんが「勝たねえとな」って前向きになれたのも百くんが選んだ必勝お守りのお陰だし、凛ちゃんとハルちゃんが一緒に泳ぐことになったのも百くんと勝負することになったお陰だし…。

今回のMVPは百くんです!


てっきり、映画今回で完結するものだと思ってたんですけど「see you next summer」って書かれてて、これはアニメ続編を期待しても良いってことでしょうか…!?また映画でも良いけど!できればアニメが良いです!楽しみです!